プラズマとは?

プラズマとは?

 

温度が上昇すると、物質は固体から液体に、液体から気体にと状態が変化します。

気体の温度が上昇すると気体の分子は解離して原子になり、さらに温度が上昇すると原子核のまわりを回っていた電子が原子から離れ、正イオンと電子に分かれます。

この現象は電離とよばれています。
そして、電離によって生じた荷電粒子を含む気体を「プラズマ」とよびます。

プラズマは「固体」、「液体」、「気体」と同様に物質の状態の一種で「第4の状態」といわれることもあります。

プラズマ状態イメージ図

自然界にあるプラズマ(左から太陽コロナ、雷、オーロラ)

実は、自然界にはありふれた現象であり、宇宙空間の99.9%はプラズマ状態です。実際に目にすることができるプラズマ現象としては、太陽(コロナ),雷,オーロラなどがあります。

  太陽コロナ   雷   オーロラ
 
太陽コロナ
 
 
オーロラ

 

ページTOPへ戻る

  
積水化学工業株式会社 P2事業推進部
〒601-8105 京都市南区上鳥羽上調子町2-2(京都研究所内)
TEL.075(662)8621(代) FAX.075(662)8940

Copyright (C) 2010 SEKISUI CHEMICAL CO.,LTD.